えけせてねねね-雑記ブログ-

50代突入。自由気ままなブログ。物忘れが多いから備忘録も兼ねて。

梅雨の季節になるとかゆくなる(画像あり)

梅雨から夏にかけて、毎年同じ場所がかゆくなります。かゆみが出始めてから10年くらい経つと思います。

10年前は腕と足に症状が出ていました。しかし、腕のかゆみは2~3年ほどで出なくなり、今は足(太もも)だけかゆみが出ています。

初めは洗濯洗剤や柔軟剤が原因だと思っていました。

でも、洗剤を変えてみたり、柔軟剤の使用をやめたりしましたが治りませんでした。洗剤や柔軟剤なら全身がかゆくなるような気がするので、体の一部だけというのもおかしな話しです。

市販のかゆみ止めを塗っているといつの間にかかゆみが止まっている。そして忘れかけた頃再びかゆみが出る。この繰り返しでした。

梅雨の季節になるとかゆみが出ると気づいたのは、5~6年前。そういえば冬の間はかゆみが出ないな……と、かゆくなる時期を意識していたら6月頃になるとかゆくなることがわかりました。

暑くなる時期でもあるので『あせも』かな? とあせもに効くタイプの塗り薬をぬっていましたが、あせもにしては変な場所です。

太ももの一部に出るかゆみ。両足の同じ場所に出る年もあるのですが、今年はまだ片足だけです。足全体の写真を載せようと思いましたが、太いおばさんの足を載せるのは恥ずかしいので、かゆみの強い部分だけ載せることにします。

汚い足なのでご注意ください。かなりアップで撮った写真です。

画像の右上のほうが通常の皮膚。

左下に行くほど酷い状態。

  • 小さな湿疹が大量にできる。
  • 掻きすぎて赤くなる。
  • 徐々に茶色っぽくなる。
  • さらにひどくなると赤黒くなる。
  • 皮膚が少し固くなり、皮膚の感覚が少し鈍くなる。
  • 最終的には太ももの直径15~20センチくらいが、画像の左下のような色になる。

f:id:snow_neko:20200626110304j:plain

ミニスカートやショートパンツを穿いたり水着を着ることもないので、人に見られる場所ではありません。しかも1年中かゆいわけではないので、市販のかゆみ止めを塗って乗り切っています。

ただ、去年は太ももだけではなくお尻のほうまで広がってしまい、場所が場所だけに人前でガリガリと掻くわけにもいかず、人のいない場所でヒリヒリ痛くなるまで掻いて掻いて掻きまくってからかゆみ止めを塗って堪えていました。

座りっぱなしのデスクワークなので、お尻はあせもの可能性もあります。

お猿さんのお尻のように真っ赤になり、最終的には変色して赤黒くなっていました。お尻も誰かに見せるわけではないので、お風呂に入るときに自分で見て「汚いな」と思うだけです。

今年はまだ太ももだけですが、これからまた去年のように広がるかもしれません。長いこと市販の塗り薬で我慢しているので、たぶん今年も市販薬で済ませると思います。

腕は治ったのに、どうして足だけ治らないんだろう。

皮膚科で診てもらったことがないので、あせもなのか別の皮膚病や皮膚湿疹なのか、本当のところはわかりません。